新春祈願

正月三が日もすぎ少し境内が落ち着いてきました

混雑は変わりないのですが

最近の傾向は1日に集中せず

3日にわたり参拝者がうまく分散しているように思われます

ただ駐車場に限りがありまだまだご迷惑をおかけいたしております

さて本日から大方の会社は仕事始め

多くの企業の新春祈願で拝殿が賑わっております
----

----
盛岡守護 八幡大神さまのご加護のもと

それぞれの企業には

安全 繁栄 社員の家族に至るまでの御安泰をお祈りいたします

お掃除

朝イチ宮古から帰りました

少し疲れました


----
ここは御神体のしずまりますところ

1年に2度だけ(正月前 礼大祭)に宮司のみが掃除に入ることを許されているところ

時間をかけて念入りに

足袋ご臨終
----

そして帰宅

こちらでも御霊舎(一般家庭では仏壇にあたりご先祖の霊璽が鎮まる)お掃除

あーーめんどくせ
----

そして神棚にあたらしい御神札をお祀りし
----

・・・・・ うちの神棚のお守りは狛犬さんじゃなくてお猫さまがお守りいたします 笑
----

夕食 深川のお社の御安泰を祈り深川丼
----


氷点下の朝

除雪もたいへん
----

幻想的だけど

明日の雪かきがたいへんだ
----

----

杜をつくること

----

大方の参拝者って

そこが八幡さまだから そこがお稲荷さんだからっていう理由でお参りしているわけじゃないと思う

大概は御祭神を意識していないのでは

もちろんすんでいる地域の氏神さん その地をお守りしてくださる神さまなのでというひとももちろんいる

そこで私たち神社をお預かりしている者が第一にしなければいけないことは

杜の景観 そこに神さまがお鎮まりになっていらっしゃると感じてくれる境内空間をつくること

掃除をいきとどかせ 境内を俗とはちがう空気にする

それができないで 神学やら御神徳を語ってもだれも聞いちゃくれない

鳥居をくぐり一歩踏み入ったらなにか落ち着く ほっとする 心が安らぐ

語らなくても参拝者に そこになにか特別なもの 神さまの存在を感じてくださる

そんな空間をめざしていきたい

ふーーーーっ 今日もしばれる



末社改修

正月に向けてきれいにしてみました
----

師走朔日

神社もこれから正月準備ですが

その前に

師走の月次祭にあわせ今年の新穀に感謝の新嘗祭が執り行われます

宮中はじめ全国の神社では勤労感謝の日11月23日に執り行いますが

当社はしっかりと農閑期となった本日 近在の農家の皆様の参列をいただき行われます

収穫したそれぞれの新米を神さまに献上して
----

では祭儀に行ってきます

正座が不安

寒い朝

----

----

祈願日和

日曜に安産祈願吉日の戌の日がかさなり

にぎわっております
----

----

お昼の賄い=カレー
----

友人チュンバのお薦めの一冊
----

森永卓郎賞賛の帯が気にいらんが

祝日そんで大安

七五三詣でやら

結婚式でにぎわう晩秋の境内
----

----

秋晴れ

----

結婚式も七五三多いです

露店のオヤジの目線で
----

----

記念写真用の人力車も大活躍
----


午後から山
----

----

熊を怖がりながら水分神社参拝
----

と水分に用があったのではなく

志和古稲荷神社の例祭献幣使奉仕でした
----

ライヴです

----

柴田やすたかくん

高校の後輩のテノール歌手
----

----

崇敬会成年部月例会

秋祭りの慰労と年末までの行事確認
----

----

----

南会40周年

いろいろあったね
----

----

おめでとう

流鏑馬

流鏑馬をもって当社の例祭は終了する
----

----

今日は例祭

一番大きな祭儀のの日

(写真後日)

その間をぬって神輿も早朝より発信
----

そして盛岡市内を練り歩き夜に帰ってくる
----

3594_201709221711217ab.jpg

渡御

行ってまいります
----

----

3591_201709221704520d0.jpg

そして夜
----

----

----

例大祭はじまる

----

まつり準備

流鏑馬馬場つくり

幟たて

崇敬会成年部がてつだってくれた
----

----

----

藤沢稲荷神社

田舎の神社を10社ほどあずかっています

これから秋にむけて例大祭がおこなわれますが

予定がたてこみほとんど息子と甥っ子に代理でいってもらっています

今年はざんねんながらこの神社だけの奉仕になっちゃいました
----

----