陽気がいいのに暗い話題で机

----

暖かな陽和 明日から5月だというのに

暗いテーマで頭を痛めている

あしたスペインだかどっかのギャージン先生が意見を聞きたいって

「日本人の自殺の多さの理由」を主題にって・・・・

なんでおいらに白羽の矢なんだよー そんなの興味ないって

県議のF君 変なの持ち込まないでしょーー

どうせ切腹とか神風特攻とかを上っ面から眺めて命を粗末にする国民性っていうところなんでしょ

いいかい 明治の11年の自殺数は6000人弱 戦争末期でも10000人いってない

ところが現在は30000人前後

明治から5倍だよ

なぜだと思う?

ターニングポイントは敗戦だよ

生きざま 人生の価値観 経済優先 核家族化 個人主義 ここなんだよ

これが重層に絡まってるわさ

「可惜身命 不惜身命」 この意味が 思想が理解出来ないギャー人に日本人のかつての生きざまを説明するのは難しい

先人は決して命を粗末にしてない 但し死に場所 死に方は心得ていただけだよ

っていうところで煙に巻いてしまおうかと
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret