紫陽花

先代の宮司(父でもあるが)が境内を紫陽花で飾りたいと職員にせっせと植えさせたという

私の代になって抜かせた

職員は 「親父は植えろ 息子は抜け」

やりきれなかったと思う

それ以来私は紫陽花嫌いと思われているらしいが

実は嫌いではない

丸い玉の紫陽花が嫌いなだけで むしろガク紫陽花 山アジサイは大好きなのである

丸い玉は咲いたあと枯れ花が落ちず茶色いまま残り春の風情を損ねてしまう

秋のうちに枯れ丸玉を処理作業できればいいのだがなかなか時間がとれない

そして雪に埋もれ春になってもしつこく丸玉がついているのである

その点ガク紫陽花は枯れてもめだたない
----

少し気温が緩んだので

境内の丸玉紫陽花の散髪をしてやった
----
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret