護国神社慰霊大祭

----

----

挨拶要旨

歴史の事実をまず見つめましょう

大東亜戦争終結以前のアジアは 日本 中国(香港はイギリス租借)をのぞいて全て西洋 アメリカの植民地

戦後全てのアジアが開放された

この歴史の事実をまっすぐみつめてみよう

戦争には光りと影がある 善と悪だけで片付けられない

アジアを開放した先人に敬意と誇りを持て


さて中国 いまベトナム フィリッピンから領土を奪い南沙諸島の島を埋め立てて軍事基地をつくっている

新疆ウィグル(東トルキスタンというちゃんとした国) チベットを侵略

先人日本が血をながして解放したアジアを同じアジアの中国が侵略している

これを黙ってみていていいのか?

それで英霊に顔向けができるか?


今日は憲法記念日

憲法の目的は国民の生命の安全 国土の保全 財産の保全を補償するものである

憲法前文には 「日本国民は恒久の平和を念願し (省略) 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」

憲法9条 「陸海空軍を持たない 国の交戦権は認めない」

中国 北朝鮮のどこに平和を愛する国か?

公正と信義はどこにあるのか?

それを信じて国民 国土を守る軍隊をおかないとは これがまともな国家か?


横田めぐみさんをはじめ800人とも900人とも言われる日本国民が北朝鮮に拉致されている

それでは今の憲法は国民の生命の安全をまもっているか? 

現憲法で救出にいけるか?

答えはnoではないか

あらためてこの国の憲法のゆがみを考えていただきたい

etc
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret