角栄・・・・今さらですが

----
石原慎太郎さんが角栄本をだすみたいですね

読まなくっちゃ


ところで今 いろいろと騒がれている甘利さんの事件を眺めていて角栄引退を連想してしてしまいます

田中角栄 ロッキード事件

アメリカに頼らないエネルギー外交の結末だったのではなかろうかと思っているのであります

大虎の尻尾を踏んでしまった

あの国の外交は 自国に不利なことを行う者 逆らう者には容赦しない

それは歴史がそれを証明している

ロッキードの事件もそうだと思う

金権政治家と言われたが 間違いなくアメリカは角栄の才能 カリスマを恐れた

彼が日本を引っ張っていけば間違いなくアメリカの恐怖となると・・・・・

そして嵌めた

外交なんてそんなもんでしょう

甘利さん・・・・・構図が似てませんか?

タフな交渉を行う甘利 アメリカにとって邪魔じゃないわけがありません

この辺で消してしまおうと

考え過ぎ????・・・・・かな

優秀な政治家を失って得するのはどこなのでしょうか?


余談 しかし角栄の演説はたしかに面白い
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret