復刻版ロボット

----
スポンサーサイト

砂肝の唐揚げ

----

砂肝は少量の醤油 すり下ろしニンニク 生姜で揉んでおく
----

タレをつくる

醤油 刻みネギ 一味唐辛子 すり下ろしニンニク 生姜 少量のゴマ油 化調をちょいと
----

砂肝を片栗粉で揉む
----

油で揚げる
----

熱々をタレに投入 ジューっと 絡める
----
冷めても美味いぞ

udon ナポリ風

----

アコヤ貝の処理

伊勢のアコヤ貝(真珠貝)の貝柱をちょうだいした
0331.jpg

酢をいれてしっかりと揉んでぬめり落とし
----

----

冷水で洗い
----

下処理完了
----

さて どうやっつけようか

お昼の賄い=シチュー

ハウス風
----

財布に銭が・・・・

----

開運橋たもとルイズ 万華鏡で夕食会
----

おえてもう1ヶ所予定が
----

みんなに肉を食わせて
----

このあとBarに繰り出したまでは覚えているが記憶が定かでない

朝おきたら財布に金がない
----

盛岡へ

やっと帰れます 08:20発
----

仙台すぎた辺りの雪景色
----

やっと帰れた
----
10:31着 早いねえ

ところで・・・・・

盛岡駅降りてホームの喫煙所でタバコを燻らせていました

一人のサラリーマンが携帯かけながらタバコして大きな声でやりとりしてました

発車のベルがなり電車が動きました

そのサラリーマン・・

「あれっ いっちゃった」って

ホームを走り新幹線を追いかけていました

ムリムリ

写真撮り損ねました

東京某所

片隅で独り飲み
----

甘利大臣が

夕方ホテルにチェックインしてテレビをつけたら
----

民主をはじめとする野党よ

これでいいのか?

これで溜飲が下がったか?

彼に代わる アメリカさんと渡り合えるタフな議員はいるか?

国益を考えろ といいたい

江戸へ

雲海があけたら
----

富士山がみえました
----

おこいさん (防府市)

読めません
-----

翡翠色の麺

ニラが練り込まれているとのこと
----
白湯スープで美味しい

遠石八幡宮

防府の朝 雨みたいです
----

ホテルの朝食 笑

夕べ食い過ぎました
----


豪装な拝殿です

最初楼門と見間違えました
----

境内から徳山のコンビナートが見渡せます
----

防府天満宮

博多から新幹線で新山口まで40分

在来線を乗り継いで防府へ
----

木彫りの猿が迎えてくれた
----

----

----

春風楼から街をのぞむ
----

----

大専坊 伊藤博文と縁が
----

----

由緒ある建物で会議と勉強会
----

----

----

博多の朝

なにげなくテレビつけたら國學院大學の神道学部が紹介されていました
----

----

----

博多の夜

店名は伏せます
----

----

山葵も凝ってる
----

たぶん呼子のイカ
----

五島のごん鰺
----

中骨は唐揚げに
----

かわはぎ
-----

おおマテ貝の焼き物
----

うちわ海老を焼きで
----

魚の名前忘れた 煮物
----

食ったあああ


ちょっとクールダウン
----

博多へ

朝イチのつばさに乗り込み
----

車窓から雪景色を楽しみ
----

----

羽田とうちゃこ
----

博多へ
----

博多上空は雲で覆われていた 雲の下は小雨らしい
----

ホテルこのくらいの広さがいいね
----

さああて繰り出すか
----

梅もと

----

立ち食いに美味い不味いは野暮は承知だが・・・・・・
----

めんどうだ (山形駅前)

----

----

山形へ

----

----

山形へは仙台からバスが便利
----

時間に余裕があったから仙山線鈍行の旅もよかったかなとあとで気づく

山形蔵王ICあたり
----

駅前寂しい
----

ずぼらな雪かき 県民性か?

横断歩道くらいちゃんとやりなさい
----

とりあえず指定のホテルにチェックイン 部屋広すぎ
----

着替えて会議に臨む
----

東北地区神社庁長会
----

----

夜は屋台村
----

25日~29日

やすみ