今夜はライブ

小野寺ともちゃん 那須さんのライブに
----

パートナーは妻ではありません

ヒコの嫁です
----

----

飲み過ぎ
----
スポンサーサイト

昼下がりのvoicenova

----

16:00から青年会の総会に祝辞

16:30から正副庁長会

18:00から青年会懇親会

今夜も飲む・・・・・

グレンミラー

----

----


今日は沖縄返還45年の記念の日なんだって?

占領が解けてそれでも復らなかった沖縄

佐藤A作時代にやっとの思いで返還された

今中国が俺のもんだとぬかしていやがる

欲しがるのも大概にせい

ところで学生時代に清い清い交際をしていたKちゃん

授業が休講になって二人で映画を観にいった

観た映画はグレンミラー物語

あのころまだおいらswingやってたんだよな・・・・

若かったな

スペイン倶楽部

今の今まで今日土曜日としっかり思っていた

左手にものをもってそれを5分も探し回ってた

だめだ・・・・

週末の金曜日

お昼に柏木さんと光田さんをお迎えし

ハルチンコ食堂で昼食をさしあげる
----

-----

ところでここのコーヒー善哉パン美味しいんだよね
----

で このふたり
----

実は知る人は知ってる(当たり前か)有名なミュージシャン

柏木広樹さん チェロ 映画送り人のチェロは彼の音に本木君が合わせています

葉加瀬太郎さんのコンサートには必ず彼がチェロを弾いていますいから機会がありましたなら気をつけてみてください

光田健一さん ピアノ もさることながらスターダストレビューのメンバー 小田和正さんのライヴのコーラスなど多才

今夜は二人で盛岡スペイン倶楽部
----

----

で おいらはというと

飽きて楽屋のみしたり
----

外飲みしたり
----

〆はリベルタンゴ
----



ところで おいら いつかこうなりたいって憧れた少年時代

2261_20170513082037148.jpg

でも汗かいて 暴れるばっかしだった

いまじゃ演歌の人生


店においてあったパンフ
----

井上陽水じゃねえんかよ


----

----

お土産にコーラのトランプもらった



らぢお

年末恒例っぽくなっちゃったラヂオ出演

お正月のこと 神社のこと 家庭のしきたり おみくじ お守り

いろんな話題のフリートークしてきます

さて 最後に好きな曲のリクエストってあるんですよね

今回はさださんにしてみようかと

この歌をつくるいきさつは先日伺ってちょっと感動したもんだから

jazzな夜

----

----

----



----

----

----

----

----

遠藤君久しぶり

久しぶりの来盛

聴きにいってきた
----

----

秋桜

----

秋桜 = 古来「あきざくら」と読んだ

では何故秋桜「コスモス」と言うようになったのか

さだまさしさんがつくり山口百恵さんがうたった「秋桜」が起源だったとは

秋桜 = コスモス

しかし感性豊かなひとは素敵な言葉を紡ぐ

拓郎?

吉田拓郎強化月間ってなんだ?
----

そんなことより
----

今日はジョンレノンの誕生日です
----

otto

福岡出身 ニューヨークを拠点に活動するエリカさまのライヴ
----

ん? この青いギターはもしかして?・・・・・
----
やっぱ山形の那須さんじゃん

キーボードともちゃんだし
----

ちょっといやらしくアップ
----

楽しい一夜でした
----

古橋郷平さん

----

リーガロイヤルホテル

縁あってテノール歌手古橋郷平さんのコンサートに
----

----

----

演奏中は撮影禁止

終わって打ち上げで記念写真
----

スペイン倶楽部

今夜はスペイン倶楽部

小野寺ともちゃんの歌はええなあ
----

----


〆はbarでクールダウン
----

秋の夜長 jazzライブ

秋の夜長

ジャズライブやってみました
----

----

----

----

----

----

----

----

野瀬栄進 ライヴ

----

野瀬栄進さんのライヴが盛岡で行われます

9/30 スペイン倶楽部


野瀬栄進

1971北海道小樽生まれ

ピアニスト 作曲家 アレンジャー プロデユーサー

ニューヨーク在住

4歳よりピアノを始める

jazzに目覚め20歳で渡米

ヴォーカルグループ「Fun Fair」のピアニストとして参加

そのグループ名を冠したアルバムで1995年度の Down Beat Awardを獲得

1994ニューヨークへ移る

Mannes Coiiege of Music New Schoolのジャズ科卒業

ジャッキー・バイヤード リッチー・バイラーク フィル・マルコ・ウッツ バーリー・ハリス各氏に師事

作曲と演奏活動の功績が認められ2009年度S&R Washington Awardを受賞

お寺でコンサート

友人ブンブンが企画主催します
----
よかったら 行ってやって下さい

7月6日 18:00

於 北山 龍谷寺 本堂

お寺で ジャズ

ちょっとコンサート立ち寄り

森繁久弥さんの詞

「能登の夢」

加藤さんが能登の昔話から作られた

「100年の恋唄」
----
を 中心に

シャンソンのコンサート

----
森繁さんのご子息さまと隣どおしで

楽しんできました

----
打ち上げでは 楽しく 熱く語り合い

jazzを聴きながら





なつかしい北村英治のクラリネットで、まったりしています

ロンドンから

----
ロンドンから 廣田丈自さまが再訪くださいました

震災復興に関わる事業では 大変なご協力をいただきました

また 盛岡で公演を企画したいと思います

きっかけはここから→「江差追分前唄」

祈りのカタチ

アヴェ・マリアはチェロで聴くのが一番心地良いと思う午後



昼下がりの情事 オードリーヘプバーンがチェロを抱えていたシーンがかわいかったな

おくりびと  チェロが使われていたが どう関連づくか僕の感性では理解出来なかった。  でも広末の下着がかわいかった。

高校の担任 いつも音楽室でチェロを弾いていた。  傍らでヘタなギター弾いてばかりでごめんなさい

悲しく切ない歌詞だね

----

これ 財津さんの作曲だったんだ



さて これからバスケ大好きだった友人の

葬儀に参列です

----