上野公園や千鳥ヶ淵の花見は

明治神宮北参道(代々木口)
----

鳥居をくぐらずに右手の道路へ進む
----

都心で芹の群生を発見 すげえ
----

3分も歩くと芝生広場に到着
----

元気に駆け回る子ども達
----

さらに参宮橋口へと進み外にでて左折

オリンピック記念青少年センターにたどり着く
----

都心で桜を独り占めしてきました
----

----

上野公園や千鳥ヶ淵の芋洗い状態の花見はアホみたいです

センター内茶室 桜花亭の古木 一本桜

見事です
----

----

----
スポンサーサイト

中山道

木曽路ともいう

神田明神正門まえに細い旧街道が残っている
----

----

これを真っ直ぐ行くと湯島天神に突き当たり

そこから左に大きく道をとり木曽を経て京へと続く

起点の日本橋までの道がどうなっているか歩いてみた

明神下で右へ
----

真っ直ぐ行けば小川町だがすぐに左折
----

秋葉原が近づきまた右折だ
----

万世橋へとたどり着いた
----

橋を渡ってきっと左折だね

そして真っ直ぐ日本橋だ

 江戸って歩くとおもしろい


江戸は桜が

その前に

この看板うけた
----

江戸は桜が咲いていました
----

といってもオオカンザクラ(大寒桜?)というらしいです

神田古書街

----

----

----

スウィングジャーナルが懐かしい

中高時代の愛読書
----

サボウルに待ちの列びが
----

もうひとつの路地裏に

ホンダカブかっこええな
----

----

ノスタルジック
----

神楽坂

飯田橋の駅舎がなくなっていた
----

駅舎前の石垣

この石組みはもはや芸術だね

先人恐るべし
----

牛込橋を渡って神楽坂
----

路地裏を徘徊して昼食場所を物色
----

----

中華蕎麦にもそそられたけど
----

今日は肉の気分
----

牛には山葵醤油だね
----

ところで店内

ほとんど主婦
----

きっとこいつ等の御主人は吉野屋とか立ち食い蕎麦で済ませているんだろうな

なんか空しい景色

月島

真っ直ぐ長い商店街

昔は大分賑わっていただろうたたずまい
----

今はどこもかしこももんじゃ焼き
----

もんじゃ率80% 笑

無数の路地がいい雰囲気

こんどゆっくり飲みにこよう
----

----

----

雑司ヶ谷

雑司ヶ谷といえば鬼子母神堂

鬼子母神って大黒様の奥さんて書いてあったけどはじめて知った
----

----

フクロウにまつわる物語があるらしい
----


寺をでて少し歩く

雑司ヶ谷旧宣教師宿舎
----

----

----

----

ところで

ブルーベリーがツツジ科で

紫陽花がユキノシタ科って知らなかった
----

巣鴨

----

すがもんのお尻が出迎える
----

巣鴨といえば赤
----

赤パンを物色中のばばあ
----

とげ抜き地蔵とうちゃlこ
----

心のトゲを抜いてもらいにやってきました

そしておふくろ用に呆け封じ
----

洗い観音なるものに長蛇の列

とりあえず並んで洗ってみた
----

----

なんの御利益かは聞いてこなかった

寺を出て

勇気をだしておりてみた
---

ええじゃんええじゃん エルビスじゃん

昭和の匂いぷんぷん
----

昭和といえば

中華蕎麦屋で昭和の歌謡ショーとか
----

とげ抜き地蔵で骨抜き鰻が名物だったりとか
----

魚じゃなく山葵が売りの寿司屋とか
----

エエ町です巣鴨

そして商店街の最後は庚申堂にお参り
----

----

今日は何曜日?

丈と昼めし食う予定だったのだが

あれ? 今日は何曜日?
----

----

----

好みの置物

----

ストーブが北国らしいね
----

なんか素敵な硝子が置いてあるやんけ
----

流しのしんちゃん 8/9

買い物思い出し銀座へ

妻の友人とバッタリコ

ひとりでよかったよ あぶねえ あぶねえ
----

夜 荒木町で飲む
----

流しのしんちゃん 久しぶり
----

もと芸者の女将とたのしく飲む
----

久しぶりに歌わせていだだきやした

猿橋 8/9

明日も江戸で会議なのです

一日空白ができてしまい

何も予定もなくて思いつくまま新宿から甲斐路号に飛び乗る
----

大月でローカルに乗り換え一駅
----

さるはし
----

テクテク 暑い
----

甲州街道を徒歩で 暑い
----

目的地とうちゃこ
----

日本三奇橋 「猿橋」
----

----

----

----

----

----

そばにあった水力発電施設
----

----

桂川の清流が涼しげ でもクソ暑い
----

帰り大月駅前でラーメン
----

----

川越徘徊 8/7

----

川越は川越駅 川越市駅 本川越駅と3っつがややこしい

ランドマークの時計台は改修中だった
2834.jpg

とりあえず昼食

川越は鰻の街

どの店も満員
2835 2

今回は「深井」へ
2835.jpg

肝とビールが美味い
----

さすがの焼きです
2838.jpg

徳川家光ゆかりの喜多院へ
----

----

----

中を拝観

なんか違う表現のほうがいいかと思うんだけど
----

----

----

境内の五百羅漢
----

自分似を探したがない

強いていえばこれか
----

観光の中心地は猛暑日なのにこの人混み
----

----

----

暑すぎ
----

マッコリ飲むカップらしいが ポチのえさ入れみたい
----

うちの門前もこれくらいの感性があるといいんだけどな
----

山形 七日町界隈

キャッスルホテルをでて
----
(女性の尻を追っかけたのではありませんから)

十日町経由
----

----

七日町界隈

ここが山形市のメインか?
----

----

突き当たると文翔館(旧県庁)
----

その右に旧県議会堂
----

さらに奥には湯殿山神社が鎮まる
----

----

明倫商店街

伊勢 宇治山田駅前
----

駅の真ん前なのに
----

シャッター通り
----

ここは沢村栄治の生まれ育ったところ
----

ケルンまだあった
----

懐かしい
----

伊勢名物?

パンなのか? 饅頭なのか?

おまえは何様?
----

----

山へ

5年ぶりくらいの山歩き

盛岡綱取ダムから山へ分け入る
1990.jpg

きれいな景色だ
----

熊がでるぞーーーって
----

食パンをかじる
----

これを田舎の言葉では「藪こぎ」
----

----

目的はこれ
----

あんましいいのが採れなかった
----

根津

年寄りはこういう風景がホッとする
-----

店名の由来はわからない
----

創業者は岐阜安八の出身かな

こんなのを売ってる
----

----

こんな店も小洒落でいいけど
1909.jpg

こっちでしょ
----

根津の甚八
----

俳優根津甚八はここから芸名をもらったともいわれる

----

----

外の風が気持ちいい
----

ああ 今夜も酔ったぜ

清水坂から不忍池

お茶の水聖橋から清水坂
----

登ってすぐに妻恋神社なる矢印が
----

小さいけど由緒正しいお稲荷さんらしい
----

----

1884_20160530130543852.jpg

坂の突き当たりは湯島天神
----

天神さまを抜けて春日通り天神下

居酒屋名店 シンスケが懐かしい
----

天神下交差点を渡ると不忍池
----

駅伝発祥の地が不忍池とはじめて知った
----

歩いているといろんな発見がある

正岡子規の野球好きは知ってるが記念球場があったとは
----

----

目的のひとつはこの絵画展
----

あまりの混雑にやめた
----

上野公園口で

天然豚骨って・・・・・人口豚骨もあるんか?
----
放し飼い飼育ってことかな?


アメ横へ
----

ドブスと読んでみたり
----

淫行菩薩とマジで読み間違えたり
----

二木の中古センター

ブリジストンGRを探す
----
なかった

とある街の路地裏

----

----

もう一軒いこか
----

----

伊勢 河崎

古い 商人街
----

----

----

----

----

古いものを残しながらモダンなリフォームがあちこちにみられる

この街は若者のセンスで生き返るね
----

----

こんなものみつけて大喜び
----

----

路地をぬけるとすぐそこは
----

勢田川

この川を使い海上輸送の物資が伊勢へ運び込まれた
----

創業250年という瀬戸物屋さん
----

----

店の中はガラクタのような宝の山だ
----

----

おやじと仲良くなって左側の倉庫を案内していただく

明治に敷いたというトロッコのレール
----

うわーー おやじにとっては売れ残りのガラクタだろうが

こりゃ宝の山ですわ
----

----

またくる 絶対くる


ねこも街の風情にぴったしです
----

¥800で伊勢海老が食べられるらしい嘘臭い看板
----