郡山へ

----

少し早く出て 仙台途中下車

朝昼兼用の牛タン
----

----

ところでエスカレーター

歩行者のために関東は左あけ

関西は右あけ

名古屋はどっちもあけずに二人並ぶ

輸送効率ははるかに二人並びが当然優れている

名古屋えらい

急ぐ方は階段にお回り下さい
----

郡山とおちゃこ
----

会場の開成山大神宮
----

国交省 復興庁 文化庁 国会議員 地方議員にあつまっていただき

地域にのこり伝承されてきた名もない神楽や郷土芸能の存続に知恵をお借りする
----

----
スポンサーサイト

3/11から5年

怒りと 悲しみと 絶望しかなかったあの日から

ランダムに写真を拾ってみた
----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----

----


不幸にもあの時の国のリーダーは岩手県民の大好きな眠酒党のこいつだった
----

安倍ちゃんはみんなから引きずりおろされこのときはただの国会議員の一人にすぎなかった
----

名取 閖上へ

早朝からクルマを飛ばして
----

車中で書類の整理 酔いそう
----

名取 ちょっと早く到着したので朝ご飯
----

ハお箸の国の人間にはンバーガーって食いにくいぜ
----

まだまだ復興が遠い
----

----

自民党主催の慰霊祭に参列してきました
----


高田松原の松が

東日本大震災で壊滅した高田松原の松.

奇跡的に残った一本松の接ぎ木の苗が出雲大社に奉納されるそうです.

来年3月に大社参道に植樹されるそうです.

参拝の楽しみが増えました.
----

陸前高田 小友

----

陸前高田 八坂神社

陸前高田
----

----

10数メートルにも及ぶかさ上げ工事がはじまっています
----

流出八坂神社が東京水天宮の協力により復興いたしました
----

----

----

福島 飯舘村

ここはだれも住んでいない・・・

----

----

耕すことのできない田んぼ
----

陸前高田 今

----

----

----

現状と課題

被災地を廻ってきました
----

----
現状突きつけられ

課題の多さに気が遠くなりそう

被災社殿復興にむけて

----

----

----

----

宮城 閖上

かつてこの浜にはたくさんの人々が暮らしておりました

鎮守の閖上湊神社もその中心に鎮座し氏子のみなさまに大切にお守りされてきました
----

閖上地区は大津波で全てを破壊されてしまいました

閖上の日和山は先人が築山を築き津波に備えた小さな山ですが

今回の津波はそこをも呑み込んでしまいました
----

その日和山から眺めると
----
そこには何も残ってはいない

復興もままならずの状態にあります


それでも宮司を中心に地域の人はこの日和山に

湊神社を仮にではありますが再建しました
----
地域の安寧を願い 共同体の柱として


このたび視察を兼ねてお参りをして参りました
----

----
宮司をはじめ氏子の皆様のご努力にあらためて敬意を表し

一日も早い復興をお祈り申し上げたく存じます

大船渡へ




津波で流された松原神社再建

いよいよ始まる
----

----

南三陸鉄道

----

-----

----

山田 大杉神社


再建おめでとう

本日のあまちゃん

3/11でした

あの日を思い出し涙がでちゃったぜ

思い出したくないような

忘れちゃいけないような

東日本大震災

東日本大震災

東日本大震災

東日本大震災

東日本大震災
これは被災直後 検問を突破して被災地に入ったときのリアルな写真です

先ずは一体何がおきているのかを自分の目で確かめなくてはと

怒りで体が震えました

そして それから 必死でかけずりまわりました

東日本大震災
想い出を探しているのでしょうか

東日本大震災
たまたま足下で御遺体を発見

消防隊員により丁寧に搬出されています

壮絶でした

東日本大震災
国土と国民の生命を守るために必死に活動をされる自衛隊員には感謝の言葉しかございませんでした

仙石は これを暴力装置と言ってのけました


全国から 全世界から支援のてをさしのべてくださいました

ありがとうございました

福島原発 汚染水漏れ事故で思い出したこと

----

私の友人に温泉旅館を経営している友人がおります

一昨年の冬 豪雪の際 屋根から落ちた大量の雪の片付けに重機を使用した際 誤って重油タンクからの引き込み管を破損してしまい重油を流してしまい 近くを流れる川に流出させてしまいました

これの汚染除去に莫大な自己責任をかせられました

川に流れた重油をすべて取り除き 土壌の洗浄もしなければならなかったのです

この川は北上川の支流であったのですが もし本流北上川まで流れ着くと海までの数百㌔に及ぶ除染作業をも覚悟せねばならなかったのです

幸い 支流でなんとか食い止めたとのことですが その莫大な費用で彼は倒産寸前まで追い込まれたのであります

さて ことは放射能汚染です

重油ごときとは言っちゃいけませんが それでも これくらい厳しいペナルティが科せられているのです

東電は あまりにも脳天気です

大がかりなペナルティと責任をとらせるべきです

ひょっこりひょうたん島

アワテ日報記事から
ひょっこりひょうたん島

大槌町「ひょっこりひょうたん島」のモデル蓬莱島

震災津波からも島の弁財天像が奇跡的に流されなかった

復興のシンボルにひょうたん島&弁天修復計画がはじまった

全国に寄付をお願いしたいとのことです

問い合わせは

0193-42-3311 岡本造船所

できれば拡散をお願い

みんなで復活させっぺ

昨日の地震

昨夜、北海道から東北にかけてかなり強い揺れがありました

震度5強もあった釧路近辺 心配です

私は あれ以降いまだに あの時以上の大地震の怖い夢をしょっちゅう見ちゃいます

内陸の仮設暮らしでもなく 壊れた街、海を日々眺めていない僕でさえこんな状態なんですから

被災地に暮らす方々は どんな心でいられるんでしょうか

せめてハード面だけでも 一日も早い復興を望みます

心のケアはもっと必要です 人はそんなに強くないです

はや2年 遅遅として進まない取り組み 

私たちが被災者の身になっていない証拠でもあります

はやく はやく 安らいだ生活 穏やかな心を彼らに与えてください

被災地は身も心も限界ですよ
東日本大震災

東日本大震災

東日本大震災

東日本大震災

東日本大震災

東日本大震災

震災復興加速せよ

長島忠美氏 復興岩手担当に

復興大臣政務官に長島忠美氏 徳田毅氏が就任

岩手担当となっていただいた

これは本当に心強いし 一気に加速する予感

特に長島氏は 中越大震災の際の山古志村の村長

落伍者をださず全員の帰村を導いた

その経験を生かしての 県職員への訓示だと思う

長島氏の中越大地震からの復興の過程のことは 何度となくお聞かせ戴いた

その都度に 今回の遅遅として進まぬ事業に歯ぎしりをしていた

長島氏は 1年前から あの強大な地盤をもつ田中真紀子の選挙区からでる  死にものぐるいで闘って勝つと

だから岩手もozawaにしっかり向き合えと何度もハッパをかけられた

岩手の被災地に 希望と明日が見えてきた予感がする

「一番つらい立場の被災者に自立していただくために 何をしたら良いかということは 共有させていただきたい

生活の党を応援するタッソ知事との関係は 被災者の前に立って 政権与党として責任を果たしていく部分は譲れないが 

知事がどう 議長がどうだとかいう思いで被災地に向き合うつもりはない」

ありがたい言葉であります

震災復興のこと

先日 東京のマスコミの皆様の前で

震災のことについて 

お話を聞いていただく機会にめぐまれました


わっ 記事にしていただいてる
----

東京の友人が送ってきてきてくださいました

ステキです  って 男に言われてもねえ(笑)


震災から1年8ヶ月

忘れずに思いをよせていただいているみなさま

感謝申し上げます

まだまだ 道のりが険しく 課題が山積だらけですが

自分のやれることだけでも しっかりとやっていきたいと思います


日経新聞もコラムで取り上げてくださいました
日経新聞
ありがとうございます