日本の風景

こんな景色を探し歩く一人旅

憧れます


----
スポンサーサイト

見晴亭

江の島の山の上の奥にあるらしい

いちど訪ねてのんびり海と富士山を眺めたい

----

七夕前夜

----

そうか今日は七夕か
----

って勘違いしたのは

ホテルのフロントに7/7って書いて渡されたから

あれ?今日は七夕かって思ったのよ

そいつインド人だったけど
----
ってよくみたら出発日じゃないか

腕時計は逆さまにつけて歩いているし

ボケがはじまったか?
----

街をうろつき楊州商人で焼きそば

----

----

----

----

さよなら山口

宇部空港水浸し
----

山口県で尾道ラーメン
----

機中は山口県防府ゆかりの作家の本を読みながら

(よく似てるといわれる)

----

客室乗務員は直ちに着席してください

をい 何があったんだ

目の前でそんな不安な顔しないでくれよ

それと 目が合うとこっちの目のやり場に困るやんけ ニコッ

ひええ めっちゃ揺れるやんけ
----

無事ちゃくりこ

----

嵌められた

西日本は豪雨が続き被害が出ている中山口県に向かう
----

駐機中も機体が風で揺れている

やべえな
----

ずーっと雲の中
----

宇部空港ちゃくりこです

東京時代仲良く飲んだM君が奥さんのR子と一緒に迎えてくれた

何十年ぶりだろ

娘さんもおおきくなってK大の2年だと

来年実習にこさせろよ

----

会場まで案内をいただいた

ところで・・・・この看板・・・・・
----

をい 事務局のH尾くん 話がちがうじゃねえか

ちょっと若い奴らの前で講演って言ってなかったか

くっそーー

嵌められた

そして安倍総理秘書 高村副総裁秘書 他そうそうたる国会議員秘書 県会議員の御前で

憲法論の講演

頭のなかが真っ白 足は震える 口は乾く

地獄をみてきました



やけ酒だい

----

北の写真館

訪れてみたい

----

鉄道博物館

帰路高崎観音に立ち寄るというが

コンクリートの礼拝施設? 観光施設に興味ないので

麓の茶店で心太食ってみんなを待つ
----

そして昼食はここ

登利平という地元の人気店らしい
----

----

大宮駅北側鉄道博物館

----

----

----

----

16:46 やっと帰路


川越

朝 大雨
----

お隣紫波支部の敬神参宮旅行に

07:36発に乗って

ドトールのテークアウトで朝ごはん
----

大宮

まずは武蔵の国一之宮 氷川神社にお参り
----

----

川越にて名物鰻をいただく
----

----

小江戸川越散策にご案内
----

----

小じゃれたショップを覗く
----

なああんかいいのがあるじゃん
----

思わず一個買ってまった
----


そして群馬に移り富岡製糸場
----

----

----


世界遺産に昇格した三角コーナー
----


一番出世した三角コーナーだね

ほどほどにみて商店街でガラクタ屋発見

こういうの気になる
----

目ぼしいのなくてウイスキー瓶
----

今夜の宿は伊香保

伊香保は坂の街
----

----

----

365段登りきると神社
----

----

伊香保に御用邸があったんだね
----

山の晩飯に

こけおどしのアワビ

----


帰る

札幌の朝の景色
----

朝ごはんを和食の料亭に

海鮮丼もチョイスできるというので迷わず注文
----

ご飯を残し 自由コーナーの塩辛をいただき塩辛丼もやってまった
----

----


さて空港に向かう
----

空港内で土産を買い求めたりしながら昼のフライトまで時間つぶし

そして 札幌最後の寿司
----

----

飛行機小さい
----

飛びます飛びます
----

----

仙台から新幹線で岐路につく

----


小樽

朝まんま セブンイレブン
----

悔しいけど侮れない美味しさ
----

人参は馬の食い物なので残す

----


小樽駅4番ホームは裕次郎ホームという
----

----

小樽には手宮線という北海道で初めて敷かれた線路が残っている
----

----

----

観光の定番 小樽運河
----

運河の土産売りの爺さんとなかよくなり
----

孫の土産を買い求める
----

-----

向こうに見える灯台が「喜びも悲しみも幾年月」の舞台

おーーーいらみーーさきのおおお
----

そしてこれが鰊御殿か

現在換算35憶だって
----

旧日本郵船ビル

日露戦争終結調印はここで行われた
----

太陽に吠えろでこの景色見覚えありませんか
----

このビルは 「仮面ライダー ショッカー」といれて検索したら出てきます
----


街に戻る
----

おばはん好みの北一硝子
----

----


青いカフス探してみつけた


自分土産
----

安いのもみつけた
----

----


喧騒をはなれて骨董屋
----

また欲しい青が
----

ウランガラスも発見
----

寿司通りで昼食
----

----


北海道は今がウニの旬です
----

札幌にもどり ここから本番

札幌護国神社で用事です
----

お仕事のことは省略

夜はフレンチに招待いただきました
----

----


そして・・・・・・・

すすきの
----

----






江戸から札幌

江戸本店会議
----

お弁当を頂戴し昼食
----

渋谷で時間つぶし
----

映画 終わった人

これの最後のシーンに高校ラグビー部後輩たちが実在高校として登場するのよ
----

もう少し時間があればここで飲みたかった
----

羽田に移動
----

札幌に向かう
----

とうちゃこ
----

----

時計台とテレビ塔が迎えてくれた
----

----

遅い到着なので近場で一杯
----


シラスのアヒージョ いけるじゃん

----

由比

----

旧東海道

由比

急峻な山杣にできた宿場町
----

----

鎮守さまの階段も半端ない
----

由比といったらこれでしょ
----

桜えびづくし

生 釜揚げ かき揚げ 釜飯
----

----

----

----

桜エビ 超不漁なそうです

漁港では本年の漁を中止したそうです

来年食えないかも

渋谷界隈

鶯宿温泉で朝ごはん

食うものなし
----

お昼 カニなし天津飯
----

旅です
----

ああ 函館いきたいな
----


渋谷とうちゃこ
----


道玄坂
----

百軒店
----

ここを入ると三業地 丸山
----

三長 若い砌この店でよく上司の宴会の担当をした

懐かしい
----

おでんの秀もよく通った
----


ここまできたら少し足を延ばし目黒川
----

昔住んでたご自宅を確認し
----


また渋谷に戻る

加藤和江さんちを通り
----


----

----


いつも通っていたしじゅうからが移転していた

こんどいってみよ
----

ぐるーーーっとまわり渋谷とうちゃこ
----

今夜は森本
----

----


ここは何でもうまいがつくねが絶品

----











秋田 

をい・・・・・
----


東北地区の青年神職が岩手・雫石に集い、禊練成にあわせて勉強会

頼もしいですね

開会式ですべった挨拶をすませ

これから懇親会まで暇

ちょっとぶらりドライブしてきます


私の先祖は、南北朝のころ、京の都で女にわるさをして

若狭の港から羽後秋田にたどり着き

奥州盛岡に続くただひとつの一本道をつたい逃げたという

どんだけ悪さしたんじゃい

その道がこれらしい
1468_20180605090018e7b.jpg

車じゃ無理だな  バイクでも無理かなと聞いてはいたがちょっと入ってみた
----

----

----


3kmほど進んだら

無理

歩いたら熊に襲われるわ
----

切り返しもできず1kmほでバックで引き返すはめに


この一本の水から田沢湖が始まる
----

----

そして確か透明度が日本一の湖じゃなかったかな
----

峠でおでん食ってたら
----

----

下を新幹線が通った
----


茶屋の土産にビックリポン

----



瑞穂の国

田んぼに水が入り始めました

瑞穂の国の始動

----

深川ぱやぱや

初森下

深川の神明さん

神社の前が伊東深水の生誕地だって
----

----

高橋はのらくろの生まれたところだって
----

----

----

----

清澄庭園についてしまった
----

----

も少し歩いたら 松尾芭蕉はここから奥の細道に旅たったんだと
----

----

喉が乾き喫茶店を探す

清澄通り森下から門前仲町まで喫茶店一軒もなし

ビックリよ
----

深川不動尊
----

門前の深川めしは美味しくないよ
----

----

境内のお稲荷さん
----

ノウマクエンダ

こんなん唱えて願いがかなうんか
----


今回の〆は例のここ
----

----

ここは大相撲に大いに所縁のある社
----

----

富岡八幡宮境内の深川めしの深川宿

味噌仕立てだが甘味噌で以前に食べて口に合わなかった

でも本来アサリの味噌汁を冷飯にぶっかけたのが元だろうからこれが本流か

おいらは醤油仕立てのほうが好き
----

この地から伊能忠敬は地図作製の旅に出た
----

これで深川おしまい


ところで

テレ朝って怖いね

女を1年半もかけて泳がせてさ

相手に好きなことさせておいて

一番いいタイミングで相手のタマをとる

それも自ら手を染めず他社を利用する

すごいわ

ああ上野駅

----

どこかに故郷の香りを乗せて

おら 18で家を出たときは新幹線もまだなく夜行列車で上京だった

上野駅に朝早く到着して金がないからホームの端の立ち食いそばで朝飯し

なつかしいなあ
----

----

盛岡へ

やっと帰れる
----

----

10:00とうちゃこ

タイカレーもいいけどチャオカレー美味しい
----

旅の自分土産
----

コーラ3種(あと5種類の缶を見つけたが行事ちうで買いにいけず)

JALの機内ポーチ(ちゃんと刺繍)と機内靴べら(デスクで使う)

タイ空港桜ラウンジのシュリンプヌードル

ホテルのウォーター瓶

アユタヤの煉瓦

金かかってないやん


夜 イロハで焼き鳥だい

----

----

あっという間の帰国

06:00 早い始動

いつもの麺
----

雨です

空港向かいます
----

----

09:50フライト
----

07:00着陸

東京駅で居酒屋で一杯

店の前をみたら
----

----

まだタイでした 笑

〆にうどん
----

DSC_0273_20180409131932d3c.jpg

おやすみなさい

今日は観光

----

今日も麺
----

----

まずはアユタヤ遺跡を目指す

途中のサービスエリア

頭でかいよ
----

意味がわからないオブジェ
----

公衆便所事情

手動式水洗
----

アユタヤ遺跡とうちゃこ
----

----

----

----

犬 暑くてばててます
----

もう少し先のアユタヤ日本人町跡
----

みるべき遺跡は皆無

長政さんの像はあった
----

----

バンコクにもどりワットポー(涅槃寺)見学

----

----

入り口の像はマルコ・ポーロらしい
----

で あんたはだれよ?
----

涅槃像 でかいです
----

----

買い物モールで疲れて座り込み
----

タイの郵便ポストかわいいです
----

トゥクトゥクもかわいいです

----